スタッフブログ

スタッフブログ詳細

顔色でわかる身体の不調


健康チェックは日頃、自分のまわりの人に対してごく自然に行ってたりしていませんか?

「顔色悪いけど、気分は大丈夫?」

「顔色が良くなってきているから、もう大丈夫・・」など

 

私たちは経験的にあるいは本能的に、身体の変化が顔色によくあらわれることを知っています。

これは大体ですが、こんな顔色をしていたら、何らかの原因があると思われます。

 

顔が青い→血が汚れると皮膚が青くなります。肝臓機能に注意。

顔が赤い→熱が顔に集まる「のぼせ」現象。心臓の障害に注意。

顔が黄色い→栄養不良が血管をもろくする。胃腸の働きに注意。

顔が白い→メラニン色素の働きが落ちています。肺、気管、のど、はなが弱い方。

顔が黒い→身体のゴミを捨てられない。腎の不調が考えられます。

 

「顔は身体を映し出す鏡」ともいいますので、自分のためにも今一度鏡でチェックしてみてはいかがですか?

 

2015.11.3

 

 

ボディセラピストカレッジのfacebookはこちら
https://www.facebook.com/body.tc
  • 資料請求はこちら
  • 受講申し込みはこちら
  • facebook
  • twitter
  • mixi
  • 資料請求・お問い合せ
  • 受講申し込み
  • オフィシャルサイトはコチラ