スタッフブログ

スタッフブログ詳細

ぎっくり腰!!


ぎっくり腰になったことありませんか?

 

重い物を不用意に持ちあげたときにギクッー!!

突然襲われるギックリ腰は、激痛が腰ばかりではなく腹部、頭部にも走ってとても立ってはいられません。

 

ぎっくり腰になったときは、痛くない姿勢で横になるのが治療の第一歩。

エビのように身体を丸め、腰に負担のかからない姿勢で寝てください。

両下肢を伸ばすと痛みが増加します。

ぎっくり腰は、患部の筋肉が内部で小さな出血をおこしています。

立ったり歩いたりすると筋肉に体重がかかりますので、その負担が痛みをひどくします。

3~4日は安静を覚悟してください。

ぎっくり腰によって坐骨神経になったり、大小便が出なくなったりすることもあります・・・

いずれにしても当初の3~4日は痛みが広範囲なので、それらの症状も確認できません。

その後に掛り付けの整形医があれば住診してもらう方がいいでしょう。

ちょっと良くなるとついつい動き回ってしまう傾向がありますので、注意しましょう。

 

 2015.8.21

 

 

 

 

ボディセラピストカレッジのfacebookはこちら
https://www.facebook.com/body.tc
  • 資料請求はこちら
  • 受講申し込みはこちら
  • facebook
  • twitter
  • mixi
  • 資料請求・お問い合せ
  • 受講申し込み
  • オフィシャルサイトはコチラ